緊急事態基本法の必要性

新型コロナの感染の勢いが止まらない。日本は緊急事態基本法がなかったことが、ここにきて号令をかけられなかったことの大きな要因だったのではないだろうか。いままで何度か法案が提示されてきたが、野党の反発によってことごとく成立まで至らなかったのではないか?これを機に法をきちんと整備して、すぐ動ける体制がとれる日本にならなければと考えます。北朝鮮のミサイルや中国の軍事的脅威にもすぐ対応できなければ本当に日本を守ることはできないでしょう。軍事は別と言う人もいますが、本当に愛する人を守るためにはそれも必要なことと考えます。また、軍事的脅威と言っても現代は、ミサイルなどはパフォーマンスに過ぎないときもありますが、細菌兵器や、情報の戦争など見えない世界で侵略されることのほうが、脅威だったりするわけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA